スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月末に「方向出したい」=鳩山首相、合意に触れず-普天間(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は10日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、閣内から5月末までの決着にこだわる必要はないとの発言が相次いでいることに関し、「5月末は私が国民に申し上げているから、そこを変えるつもりはない。みんなでこれでいこうという方向を必ず出したい」と述べた。首相公邸前で記者団の質問に答えた。
 首相はこれまで「5月末決着」の定義について、「米国も沖縄も地域も、この方向でいこうと合意がなされるときだ」と明言してきたが、10日は「合意」に触れなかった。首相発言は月内決着が絶望的な情勢を受け、米側と移設候補先の自治体、連立与党との間で移設案に関して一定の方向性を出しつつも、6月以降も交渉が続く可能性を自ら認めたとも取れる発言だ。 

味の素、37億円申告漏れ(時事通信)
生物の多様性損失は人類の危機…国連報告書(読売新聞)
偽装献金、首相元秘書の有罪判決が確定(読売新聞)
嘉手納基地の空軍1等軍曹、酒気帯びで逮捕(読売新聞)
偽造障害者手帳で高速料金不正割引 連帯労組員10人逮捕 大阪府警(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。