スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加藤被告の動機に証人「人間、誰でも起こりうることかも…」(産経新聞)

 【法廷ライブ 秋葉原殺傷 第8回公判】(5)

 《加藤智大(ともひろ)被告(27)の犯行を目撃した男性が、証言を続けている。証言台の男性は数人の検察官に囲まれて、これまでに証言した内容と、見取り図に書き込んだ内容を照らし合わせている。それが終わると、再び女性検察官が質問を始めた》

 検察官「事件後、加藤被告が犯人として捕まったことを、どうやって知りましたか」

 証人「最初は、ニュースを見た友人からのメールで知り、その後、自分でもニュースを見ました。事件が終わってすぐのニュース速報と、その後はインターネットで見ました」

 検察官「加藤被告の顔は映っていましたか」

 証人「当日かどうかは分かりませんが、(顔は)見ました」

 検察官「現場で見たのと同じ人物でしたか」

 証人「服の特徴や、雰囲気も似ていたので、間違いないと思いました」

 《検察官は「目撃情報についての質問は以上です」と断った後、現在の証人の思いや、処罰感情に関する質問に移った》

 検察官「その後、被害者がどうなったか知っていますか」

 証人「ニュース速報で、被害者が増えていくのを見て、十数人が襲われ、7人の方が亡くなったと知りました」

 検察官「そのことをどう思いましたか」

 証人「増えていく様子を見て、『これ以上増えないで』と思っていました」

 検察官「事件を目撃したことで、あなたの日常生活に影響は出ましたか」

 証人「事件後、1週間くらいは、あまり眠れない日が続きました。仕事中や寝る前などに、頻繁に事件を思いだしました」

 検察官「どのようなことを思いだしたのですか」

 証人「…襲われるさまや、110番通報したときに、もう少し伝えるのが早ければ、もっと早く(警察官が)来られたのではないかなと思いました」

 検察官「もうすぐ2年になりますが、今はどうですか」

 証人「普段は影響ありませんが、たまに事件を思いだすと、考え込んだり、気持ちが沈んだりすることはあります」

 《女性検察官の質問に、男性はよどみなく答えていく》

 検察官「事件前、秋葉原にはよく行っていたのですか」

 証人「近くに住んでいたので、毎週のように行っていました」

 検察官「あなたにとって、秋葉原はどういう街でしたか」

 証人「歩行者天国とか、いろいろあったけど、楽しくてすてきな街でした」

 検察官「事件後はどうですか」

 証人「良くも悪くも、静かになりました。歩行者天国もないし、寂しくなったと思います」

 検察官「事件当時の秋葉原は、例えていうならどういう状況でしたか」

 証人「…ひとことで言うなら、『戦場』というか、『地獄絵図』というか。そういう感じでした」

 検察官「この事件について、どう思いますか」

 証人「ニュースで動機を知ったときには、私は現場にいただけで、知り合いや身内は(被害者に)いませんでしたが、それでも動機を知って、自分が犯人を殺してやりたいくらいの怒りを覚えました」

 《検察側の冒頭陳述によると、加藤被告は自分の就労状況が不安定なことや、悩みを書き込んでいた携帯電話の掲示板が「荒らし」にあったことなどに一方的に憤りを深め、「大きな事件を起こして自分の存在を認めさせよう」と犯行を決意したとされる。証人は続ける》

 証人「…そんな怒りはもうないですが、事件からしばらくたって、考えてみると、その動機は、人間誰でも起こりうることなのかなと、思います。人間、少しタガが外れると、ああなるのかな、と。だからといって、共感や同情はしませんが、自分もタガが外れると、ああなるのかもしれないと思います」

 《加藤被告は、うつむいてじっと聞き入っている》

 検察官「どのような処罰を望みますか」

 証人「そんな動機でやったのだから、どうなろうとも、極刑以外はないと思います」

 《証人の厳しい処罰感情を引き出して、検察側の主尋問は終わった。続いて女性弁護士が反対尋問を始めた。大型モニターに、いったん消えていた見取り図が再び映し出される》

 弁護人「110番通報したとき、周りの状況はどうでしたか」

 証人「パニックに陥っていて、叫び声が聞こえたり、混乱した状況でした」

 弁護人「あなたの精神状態はどうでしたか」

 証人「電話越しに『場所を教えて』といわれましたが、焦っていました。警察官から『少し落ち着いて』といわれ、落ち着いて『(パソコン量販店)ソフマップ前の交差点』と伝えました」

 弁護人「平静ではなかったと?」

 証人「はい」

 《検察側の尋問への回答を確認するような質問を続けたあと、女性弁護士は「以上です、ありがとうございました」と結んだ。さらに証人は印を付けた見取り図への署名を済ませたあと、村山浩昭裁判長に促され、退廷していった》

 裁判長「今日はさらに、もうひと方残っています。調書と尋問です。少し時間が必要なので、ここでいったん休廷します。2時35分再開とします」

 《加藤被告は係官に従って退廷した。傍聴席の前を通る際には、これまでの公判と同様、深々と頭を下げていった》

 =(6)に続く

【関連:秋葉原殺傷事件】
(1)上司を刺された女性警官の証人、被告を鋭くにらみ付けた
「目が半開きで口が大きく開いていました」…事件の恐怖語った目撃者
「トラックは2コマ記録」防犯カメラ解析の警察庁技官が証言
被告に手紙を返信した被害女性「私たちのことを知ってほしい…」
迫るトラック、友人が背中を押し「自分を救ってくれたと思う」

普天間問題で28日に「首相発言」 地名の特定は避け(産経新聞)
「生活保護受給者に自家用車を」 日弁連意見書に批判、疑問相次ぐ(J-CASTニュース)
高齢者住宅業界のレベルアップ目指す―経営者協議会が発足(医療介護CBニュース)
小沢氏、政倫審「報道が先行しただけ」(産経新聞)
哨戒艦事件、安保会議で協議へ=鳩山首相、万全の対応指示(時事通信)
スポンサーサイト

5月末に「方向出したい」=鳩山首相、合意に触れず-普天間(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は10日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、閣内から5月末までの決着にこだわる必要はないとの発言が相次いでいることに関し、「5月末は私が国民に申し上げているから、そこを変えるつもりはない。みんなでこれでいこうという方向を必ず出したい」と述べた。首相公邸前で記者団の質問に答えた。
 首相はこれまで「5月末決着」の定義について、「米国も沖縄も地域も、この方向でいこうと合意がなされるときだ」と明言してきたが、10日は「合意」に触れなかった。首相発言は月内決着が絶望的な情勢を受け、米側と移設候補先の自治体、連立与党との間で移設案に関して一定の方向性を出しつつも、6月以降も交渉が続く可能性を自ら認めたとも取れる発言だ。 

味の素、37億円申告漏れ(時事通信)
生物の多様性損失は人類の危機…国連報告書(読売新聞)
偽装献金、首相元秘書の有罪判決が確定(読売新聞)
嘉手納基地の空軍1等軍曹、酒気帯びで逮捕(読売新聞)
偽造障害者手帳で高速料金不正割引 連帯労組員10人逮捕 大阪府警(産経新聞)
main_line
main_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。